学問の世界 Academic World ―総合領域(3)―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。

≫もくじページに戻る

総合領域(3)

5/75分科、6名

人間医工学

1.所属
  • 大学(国立)/大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 10~20ページ
3.著者数
  • 3~6人
4.年間本数(平均)
  • 人によって違う
5.著者名掲載ルール
  • 貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
8.学会誌の発行頻度
  • 年に1~6回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表10分、質問5分が多い
国際会議 10.意外?な開催場所
  • フィンランド。ムーミンに…
11.服装
  • ちょっとだけフォーマル
12.国際会議での発表
13.一般的な研究費
  • 人に寄るけど、100万あったら幸せ

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 障がいのある人や子供が、その人らしく生活できることをサポートする分野です

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • その人らしい生活・人生
  • 「形態美は機能美である」ですかね、個人的には…

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 研究業績だけでなく、研究の先にある臨床的応用を語って実行できる人
  • いろいろなことに興味を持って、人の話を聴ける人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • リハビリテーションは、障害を持ったら必要

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 記述できないものがあるから、可能性もあるのでは?

 
28.今日の感想を一言

  • 面白かったです。また、ぜひ開催してください

 

健康・スポーツ科学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 10ページ
3.著者数
  • 2~10人
4.年間本数(平均)
  • 1本
5.著者名掲載ルール
  • 研究段階からの貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 研究者としては論文
  • 社会的インパクトを追求するなら書籍
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本疫学会:2,000人くらい
  • 日本内科学会:わかりません。かなり多そう
8.学会誌の発行頻度
  • 月1回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表10分、質問3分
国際会議 10.意外?な開催場所
  • アラスカのアンカレッジ
11.服装
  • スーツとネクタイ。もう私服で良いと思う
  • かりゆしで出てみたい
12.国際会議での発表
  • 評価には入らない
13.一般的な研究費
  • 科研費で100万円くらい

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 公衆衛生学はどんな分野とも仲良く融合できます

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • みんな健康でハッピーでいられるためにどうしたらよいか考える学問

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • “日本運動・スポーツ科学学会は、体育・スポーツに関する学術研究と教育を推進し、その成果を社会に還元、ひいては人類の福祉や文化の向上に貢献”

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 人間や科学の真理を突く研究

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • いい研究者はいい教育者でもあるでしょうね

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 仮説の意味が分からない研究
  • 考察「さらなる研究が必要である」

23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 健康と不健康

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 今に満足できる
  • 「良いとは何か」人によってそれぞれ異なるけど、それを自ら考えることが良い

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • ある側面からしか記述できない
  • すべてを記述した気になっているのが厄介

 28.今日の感想を一言

  • 日本においては、京大でしかできないイベントだ。素晴らしい
  • 東京で乗り換えてきました

 

子ども学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 5~10ページ
3.著者数
  • 2~10人
  • 多いと15人のこともある
4.年間本数(平均)
  • まじめな人は1~2本。多すぎる人は怪しい
5.著者名掲載ルール
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文。書籍は年寄りが書く
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本作業療法学会:4,000人
8.学会誌の発行頻度
  • 年6回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 後述では発表7~10分、質問3~5分
  • ポスターになると3分で説明しなさいもある
国際会議 10.意外?な開催場所
  • チリ
11.服装
  • 日本人だけスーツ。後はジーパン、Tシャツ
12.国際会議での発表
  • ほとんど評価されない
  • 国際会議の方が簡単に採択される。ウェルカム
13.一般的な研究費

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 子どもの幸せを考える分野

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 人間を効率よく能力アップする

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 実際の子どもの姿が、生々しく思い浮かぶ論文
  • 21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

    22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

    23.ここが変だよ! 私の分野

    24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

    • 子どもはみんな違う

    25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

    • 子どもは発達する
    • 子どもは大切

    26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

    27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

    28.今日の感想を一言

    生体分子化学

    1.所属
    • 大学(国立)
    論文 2.ページ数
    3.著者数
    • 1人もある
    4.年間本数(平均)
    • 3~5報。人によって違う
    5.著者名掲載ルール
    • 政治と従順度
    6.書籍と論文、評価されるのは
    • 論文
    学会 7.おもな所属学会と所属人数
    • 1万人
    8.学会誌の発行頻度
    9.口頭発表時の発表時間と質問時間
    • 発表7~12分、質問3~8分
    国際会議 10.意外?な開催場所
    11.服装
    • スーツ
    12.国際会議での発表
    • 評価されない
    13.一般的な研究費
    • 300万円

    14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

    15.仲の良い分野は?

    • 医学系

     
    16.仲の悪い分野は?

    • 基礎医学系

     

    脳科学

    1.所属
    • 企業
    論文 2.ページ数
    • ダブルカラム、6~10ページ
    3.著者数
    • 3~6人
    4.年間本数(平均)
    • 0.3~0.5本(2~3年に1本)
    5.著者名掲載ルール
    • 貢献度順
    6.書籍と論文、評価されるのは
    • 論文
    学会 7.おもな所属学会と所属人数
    • 5,000名くらい?
    8.学会誌の発行頻度
    • 年に1~6回
    9.口頭発表時の発表時間と質問時間
    • 発表15~20分、質問5分
    • 会議によっては口頭発表よりも、ポスター発表が多いこともある
    国際会議 10.意外?な開催場所
    • スキー場のリゾートホテル
    11.服装
    • 何でもあり。ジャケットを着る人も多いけど、Tシャツにジーパンも相当数いる
    12.国際会議での発表
    • 原稿を書くような会議なら評価される。
    • ポスターだけの場合は、あまり評価されない
    13.一般的な研究費
    • 200~500万
    • 若手(30代前半)なら100万くらい

    14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

    • 探索、搾取(一般用語が専門用語として限られた意味で使われる。逆に誤解が多い)

     
    15.仲の良い分野は?

    • 生理学、心理学、情報学

     
    16.仲の悪い分野は?

    • 最近だと、行動経済学

     
    17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

    18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

    19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

    20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

    21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

    • 新しい領域を始めた人、逆に終わらせた人

     
    22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

    • 品質を上げるためにも数が必要な時もあるかなと

     

    The Academic World 結集全分野

    総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
    人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
    理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
    生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)