学問の世界 Academic World ―工学(2)―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。
※複数回答、無回答可。以下の質問に全て無回答の場合、回答のあった最後の質問までを掲載しています。

≫もくじページに戻る

工学(2)

4/75分科、4名

材料工学

1.所属
  • 大学(私立)
論文 2.ページ数
  • 10~15ページ

 

3.著者数
  • 3~10人
4.年間本数(平均)
  • 1~2本
5.著者名掲載ルール
  • 執筆者、学生等、学外共同研究者、研究室のボス
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本金属学会:5,000人くらい(減少傾向)
8.学会誌の発行頻度
  • 年12回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表15分、質問5~10分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 対象も硬いだけにスーツ
12.国際会議での発表
  • 参考程度
13.一般的な研究費
  • 500~1000万

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • 「変態」

 
15.仲の良い分野は?

  • 医学(医療材料としてwinwin)

 
16.仲の悪い分野は?

  • 化学(近すぎる?)

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 身の回りのものはすべて何かの材料でつくられています。 鉄とか、そういうものを創り出す分野

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 化学と物質の力によって豊かで持続可能な社会を!

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • シンプルな当たり前の結論を実験的に証明したもの

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 研究の質といいたいところですが、大きなプロジェクトを動かしている人かな

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 微妙なねつ造

 
23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 現象は再現できる

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 新しい材料が登場することによって選択肢が増えること

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 大部分は難しい

 
28.今日の感想を一言

  • また、こういうのに参加したい

 

プロセス・化学工学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 短くて4ページ、だいたい8ページ、長くて15ページ
3.著者数
  • 2~5人
4.年間本数(平均)
  • 本人が中心的に執筆するなら3本くらい
5.著者名掲載ルール
  • PIがラストオーサー。初稿書いた人がファーストオーサー。あとは結果的に年齢順になってるかも
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 生体医工学会:2,700人
  • 磁気共鳴医学会:3,500人
8.学会誌の発行頻度
  • 年12回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表10分、質問5分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 会社の人が多くなるとスーツ。大学だけだと私服でもOK
12.国際会議での発表
  • 科研費の成果報告にはなる
13.一般的な研究費
  • 科研費なら基盤C持っていたい。あとは運営費交付金

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 化学工学はもともと、機械工学と化学の融合から生まれた。共通言語が多いので仲良し

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 化学工学とは、 工場で、材料まぜて、溶かして、合成して、流して、製品をつくる、各プロセスを広く研究する分野

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 環境・エネルギー

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 新しい問題を作ってそれを解けるようできたと思えるとき
  • それに付き合ってくれる学生の成長

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 違う分野との協働でうまく問題解決できた論文

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 実験にせよ、理論にせよ体系を構築した人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 同じことを研究室代々継承し、伝統芸能にする人

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • 融合から生まれた分野のはずなのに、何故か蛸壺化している気がする

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「それ実用化できるんですか?」

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 物質とエネルギーは人類を幸福にする

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 物質の成り立ちを理解し、それを制御する技術の開発

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 現象をモデル化することができる

 
28.今日の感想を一言

  • 京大でしかできないイベントでしょうかね? 良かったです

 

総合工学

1.所属
  • 研究所(国立)
論文 2.ページ数
  • 6ページ

 

3.著者数
  • 3~5名

 

4.年間本数(平均)
  • 1~2本
  • 学生の数に比例するような…
5.著者名掲載ルール
  • 基本的には貢献度順ですが、実際は雑誌の種類による
  • 予算を獲得した人も貢献者です
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 断然、論文
  • 書籍は基本的に査読しませんよね
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 機械学会:35,000人
8.学会誌の発行頻度
  • 年4~12回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 一般公演だと発表10分、質問5分とか
  • 7分というところもあります
国際会議 10.意外?な開催場所
  • 最近海外では、クルーズ船内でやるのが流行っている

 

11.服装
  • 海外の方は大抵ポロシャツとか。日本人は常夏の国の実施でもスーツ
  • タイだと会場が寒いので、皆スーツを着ています
12.国際会議での発表
  • 当然評価される
  • 国際会議への投稿でリジェクトされることがある
13.一般的な研究費
  • 500~1,000万
  • 大型プロジェクトが当たると個人的にはいらない、使えないくらいお金が来るときがある

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • みんなと仲は良い、筈です
  • 環境分野は全ての分野と仲良くするのがベストです

 
16.仲の悪い分野は?

  • 社会学と仲良くしたいけど、そもそもお互い無視しているような
  • 仲良くしたいけど、いつも問題になるのが経済

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • まずはどういうイメージを持っているのと聞いてみる
  • より良い未来を創る分野です
  • 便利で快適な世の中にする分野。でも一方で悪く使う人もいる

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 最適環境を創造する

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 値段が高い

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 世の中の役に立つ
  • お金が投資され続ける
  • ものづくりをする人がいる

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 明日の食べ物を心配しなくていい社会

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • わかりやすく説明するための手段の一部では
  • できると信じて皆やっている永遠のテーマ

 
28.今日の感想を一言

  • 学生バージョンも実施しては
  • 懇親会でも引き続きやっては

 

The Academic World 結集全分野

総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)