学問の世界 Academic World ―総合領域(1)―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。

≫もくじページに戻る

総合領域(1)

4/75分科、4名

デザイン学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 4~15ページ
3.著者数
  • 1~6人
4.年間本数(平均)
  • 1~2本
5.著者名掲載ルール
  • 貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
8.学会誌の発行頻度
  • 月刊か季刊
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表20分、質問10分
国際会議 10.意外?な開催場所
  • カナリア諸島
11.服装
  • 大人はカジュアル
12.国際会議での発表
13.一般的な研究費

 

生活科学

1.所属
  • 大学(私立)
論文 2.ページ数
  • 平均6ページ
  • それ以上の場合は、1ページあたり1万円取られます
3.著者数
  • 1~10人
4.年間本数(平均)
  • 1~2本
5.著者名掲載ルール
  • 数人なら貢献度順
  • 大勢の場合はアイウエオ順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 書籍
  • 一般社会に広めることが課題になっている
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 家政学会:1,000人くらい
8.学会誌の発行頻度
  • 月1回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表5分、質問3分。何も言えない
  • 発表20分、質問10分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 浴衣で行ったこともある
12.国際会議での発表
  • どこで評価されるのか分からないですが、行った方がいいとは聞いています
13.一般的な研究費
  • 特任助教で7万円…

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • 生活の科学化、科学の生活化

 
15.仲の良い分野は?

  • 衣食住など生活に関する科学とは仲良し

 
16.仲の悪い分野は?

  • 安心安全や持続可能性が考えられていない科学は、敵

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • ハイテク社会の中で、何を大事にして、何を選んでいくのかを考える学問だよ

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 自分の孫の孫の世代まで、空気が吸えて、水が飲めて、社会が続く生活ができることを目指す

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 学問が学問じゃなくなったとき、一般に広まったとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 論文数を稼ごうと思っていない論文
  • 人が幸せになる祈りが伝わってくる論文

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 社会に発信力のある人
  • 一般化の努力ができる人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

23.ここが変だよ! 私の分野

  • 女性が多いので、男性がモテる

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 専業主婦

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 家族は大事

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 怖い社会や、危険な社会を避けるための舵を皆で握れる

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 感性が解読できれば、記号でも世界を記述できる
  • 何故、記号で世界を記述するのか→自分の存在を示す?

 
28.今日の感想を一言

  • ここから日本の学術のあり方を変えられないかなと思いました。 思っていた以上に良かったです、 学会のシンポは、統合に向かうけど、 今日のは、よい意味で拡散に向かっていた
  • 毎年やって欲しいです

 

科学教育・教育工学

1.所属
  • 専門職大学院(私立)
論文 2.ページ数
  • 6~10ページ
3.著者数
  • 3~10人
4.年間本数(平均)
  • 年2~3本
5.著者名掲載ルール
  • 偉い人が最後
6.書籍と論文、評価されるのは
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 教育システム情報学会:1,500人
8.学会誌の発行頻度
  • 年3~4回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表15分、質問5分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • スーツ
12.国際会議での発表
  • 評価される
13.一般的な研究費
  • 0~200万円

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 情報学

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • コンピューターの力を借りて人間の能力をアップする方法の研究

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 人間を効率よく能力アップする

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 受講者が能力アップしたとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 教育現場に方法論が採用されること

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 成功事例しか述べない論

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • 論文の評価基準が意外にアドホック

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 人の能力を正確に評価できて最適な能力アップができれば良い

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 映像>記号、数式>言語の順かも

 
28.今日の感想を一言

  • 学際できない本質をついてほしい

 

科学社会学・科学技術史

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 15~20ページくらい
3.著者数
  • 1人
4.年間本数(平均)
  • 若い人で年1本が目標という感じ。大人になると年1本も書いているかどうか
5.著者名掲載ルール
  • 貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 内容による
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • アマチュア含め、700人くらい
8.学会誌の発行頻度
  • 年4回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表15分、質問5分くらい
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 全く自由。短パンポシェットの人もいた
12.国際会議での発表
  • 評価される
13.一般的な研究費

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • ホイッグ主義

 
15.仲の良い分野は?

  • 理系出身者が多いため、理系分野とは比較的仲が良いと思う

 
16.仲の悪い分野は?

  • 分野内部で、文系出身者を見下すような感じがあるような気もする

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 昔の人にとっての科学とは何か、それがどう変わってきたかを調べて、調べた内容を1つのストーリーにする分野

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • これまでの歴史のミッシングリンクが埋まったり、新しいストーリーが書けることがわかったとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 多分学説史
  • 学説史が良いと思われるのは、レアさに起因するところも大きい。学説史はしばしば大変なので(時間が掛かる)、取り組もうとする人が昔に比べて少ないとのこと

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 昔・今:学説史の基礎(歴史の通説)を作った書籍〇、論文△。今:書籍△、論文〇
  • 学舎型はラテン語が読めた後が重要

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 「史料を見つけました、以上」あるいは「史料はないけど、こうも言える」的な両極端な研究。バランスが大事

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • 理由ははっきりしているが、ポストとドクターが極端に少ない。科学史だと、ドクターは日本全体で年に1人などザラ

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 最新こそ最良

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 実際にどうだったのかは、誰にもわからない。もしわかったら、仕事がなくなります

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • より良いあるいはより善いと安易に言わない社会

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 記述以外の表現がある以上、記述が一面的であるのが自明なような

 

The Academic World 結集全分野

総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)