学問の世界 Academic World ―化学―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。
※複数回答、無回答可。以下の質問に全て無回答の場合、回答のあった最後の質問までを掲載しています。

≫もくじページに戻る

化学

3/75分科、3名

基礎化学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 大体5~10ページ
3.著者数
  • 3~10人
4.年間本数(平均)
  • First authorあるいはcorresponding authorで1~3本くらい
5.著者名掲載ルール
  • 第一著者は実際に手を動かした人、あるいは論文を書いた人。 一番最後は偉い人、教授。 corresponding authorは、助教、准教授など現場責任者。順番は真ん中くらい
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文だと思う
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本化学会:40,000人
8.学会誌の発行頻度
  • 年12回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表15分、質問5分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 国際会議はカジュアルでもOK。国内会議はスーツ
12.国際会議での発表
  • 全く評価にならない
13.一般的な研究費
  • 300~500万円

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • RKKY相互作用

 
15.仲の良い分野は?

  • 物理、工学

 
16.仲の悪い分野は?

  • バイオ系

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 世の中にある謎を調べている

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 「もの」と「もの」の反応を理解して制御する

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 予想されなかった事実が「ちゃんと」解明された論文

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 世の中の主流としてはNature、Scienceにたくさん論文を出版した人になっている

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 実質的にどうでもいい成果をNature、Scienceに出版する研究

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • 声のでかい人の言うことが正しくなる

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「それやって何になるの?」

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 科学は限界なく発展していく

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 世の中の理を理解する
  • 自然に隠れた面白いストーリーが明らかになる

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • できる部分とできない部分があると思う。自然科学ではできる部分を対象にしている
  • 「本質」が科学で表現できないという考えには同意

 
28.今日の感想を一言

  • これだけの人数と分野を集め、この企画を実行できたことだけでも凄い

 

複合化学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 5~15ページ
3.著者数
  • 5人前後か
4.年間本数(平均)
  • 3~5本
5.著者名掲載ルール
  • 貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 断然論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本化学会:40,000人
8.学会誌の発行頻度
  • 月1回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表7~15分、質問3~10分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • カジュアル極まりない
12.国際会議での発表
  • 評価される
13.一般的な研究費
  • 300~500万円

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 複合化学なので何でもあり

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 化学のチカラで生命現象をコントロールする
  • 化学は、私の場合には、有機合成化学です

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 天然に学び、天然を超える

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • これが真理かも、と思える瞬間

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • これまでの常識が覆るようなもの

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 全く新しい概念や分子をつくれる

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 論文数を稼ぐためだけの研究
  • 審査する人がお仲間だと、変な論文も通ってしまう

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • 有効数字を愛しすぎ

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「それ使えるの?」

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 性善説

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 人間らしく生きて死ぬ

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 論より証拠だけど、理論的に理解したい気持ちが大事

 
28.今日の感想を一言

  • 学生版もやってみて欲しい

 

材料化学

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
3.著者数
  • 2~5人
4.年間本数(平均)
  • 2本くらい
5.著者名掲載ルール
  • 実験した人が最初、一番後ろはボス。後はその時の都合
6.書籍と論文、評価されるのは
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 高分子学会:8,000人くらい
8.学会誌の発行頻度
  • 月1回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表10~15分、質問3~7分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
 
12.国際会議での発表
  • 招待講演なら
13.一般的な研究費
  • 200~300万円

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 分析化学、生物系

 

The Academic World 結集全分野

総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)