学問の世界 Academic World ―総合人文社会―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。
※複数回答、無回答可。以下の質問に全て無回答の場合、回答のあった最後の質問までを掲載しています。

≫もくじページに戻る

総合人文社会

3/75分科、4名

地域研究

1.所属
  • 大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 20ページ前後
3.著者数
  • 1人
4.年間本数(平均)
  • 文系の場合は2~3本
  • 理系の場合はもう少し多いと思う
5.著者名掲載ルール
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 書籍
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 東南アジア学会:700人
8.学会誌の発行頻度
  • 1年1回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表20分、質問10分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 普段着が多いが、国内でも国外でも、対象地域の特徴がある服装の人が結構いる
12.国際会議での発表
  • 評価されていると思っていたが…
13.一般的な研究費
  • 対象地域への旅費に左右される

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 研究手法によって変わる

 
16.仲の悪い分野は?

  • 同上

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 自分が育った環境とは違う地域に行って調べて、発見したことを伝える

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 多様性の受容

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 自分とは全く違う価値観の人に出会ったとき
  • 断片的だった情報が、自分の中で1つのストーリーとして腑に落ちたとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 地域の題材を出発点にしながら、普遍的なテーマに食い込んでいっている論文

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 枯渇しない好奇心があって、なんでも面白がれる人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • インフォーマントへの思いやりがない論文
  • 23.ここが変だよ! 私の分野

    24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

    25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

    • 地域の特殊性
    • 実際に行けば発見がある

     
    26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

    • 自分のアイデンティティを偽らなくてよい社会

     
    27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

    • できないと思いつつも、必死で記述できる範囲を広げるしかない

     

    ジェンダー

    1.所属
    • 大学(公立)
    論文 2.ページ数
    • 20ページ
    3.著者数
    • 1人
    4.年間本数(平均)
    • 1本
    5.著者名掲載ルール
    • 五十音順のこともある
    6.書籍と論文、評価されるのは
    • 書籍
    学会 7.おもな所属学会と所属人数
    • ジェンダーとスポーツ学会:100人
    8.学会誌の発行頻度
    • 年1回
    9.口頭発表時の発表時間と質問時間
    • 発表20分、質問10分
    国際会議 10.意外?な開催場所
    11.服装
    • ジェンダー系は民族衣装が多い。スポーツ系はジャージの人も。基本カジュアル
    12.国際会議での発表
    • 評価される
    13.一般的な研究費

    14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

    15.仲の良い分野は?

    • 社会学

     
    16.仲の悪い分野は?

    17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

    • 性別による差別について考えています

     
    18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

    • パーソナルイズポリティカル(個人的なことは政治的なこと)

     
    19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

    • 人との出会い

     
    20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

    • 社会的に困難な立場に立たされている人の状況がクリアになる論文

     
    21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

    • 現場やアクティビストとの繋がりを大切にしている人

     
    22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

    • 海外研究のパクり

     
    23.ここが変だよ! 私の分野

    • スポーツ分野のスポーツ好き。元全国レベルの選手とか

     
    24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

    25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

    • 平等・公正が成立する

     
    26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

    27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

     

    観光学

    1.所属
    • 大学(国立)/大学(国立)
    論文 2.ページ数
    • 2万字
    3.著者数
    • 2~4人
    4.年間本数(平均)
    • 2本くらい?
    5.著者名掲載ルール
    • オリジナルアイディアの人
    6.書籍と論文、評価されるのは
    • 論文
    学会 7.おもな所属学会と所属人数
    8.学会誌の発行頻度
    9.口頭発表時の発表時間と質問時間
    • 発表12分、質問3分
    国際会議 10.意外?な開催場所
    11.服装
    12.国際会議での発表
    • トップ学会ならば評価される
    13.一般的な研究費

    14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

    15.仲の良い分野は?

    • 社会学

     
    16.仲の悪い分野は?

    • 社会学

    17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

    18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

    19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

    20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

    21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

    22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

    • SPSS(統計ソフト)をぶん回すだけの研究

     

    The Academic World 結集全分野

    総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
    人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
    理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
    生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)