学問の世界 Academic World ―生物学―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。
※複数回答、無回答可。以下の質問に全て無回答の場合、回答のあった最後の質問までを掲載しています。

生物学

3/75分科、5名

生物科学

1.所属
  • 大学(国立)/大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 5~20ページくらい
  • 4~20ページ
  • 図表の大きさ、数にかなり左右される
3.著者数
  • 4~5人
  • 5~10人。大プロジェクトなら数十人になることもある
  • 今いる分野で単著だと「すげー」となる
4.年間本数(平均)
  • 0.3本(3年に1本)~1本
  • 立場に寄るけど、若手の筆頭著者なら年1報コンスタントに出したい。大作なら3年に1報とか
5.著者名掲載ルール
  • 最初はメインで実験した人。最後は責任著者。その他は実験への貢献度順
  • 実験者兼執筆者が筆頭、PIが最後。あとは概ね貢献度順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
  • 圧倒的に論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本分子生物学会:1万人くらい?
  • 日本動物学会:2,000人強
8.学会誌の発行頻度
  • 月1回
  • 月刊か隔月刊
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表15分、質問5分くらい
  • 発表15~20分、質問5分程度
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • カジュアル
  • チェックシャツ
  • 明らかにレジャー後の格好で来るシニアの人とかいます
12.国際会議での発表
  • 招待講演なら業績一覧に書ける感じ
  • 口頭発表なら業績欄に書く
13.一般的な研究費
  • 数百万くらい
  • PIでなければ基盤Cがあれば何とか

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • 兄妹交配
  • STAP

 

15.仲の良い分野は?

  • 統計学があらゆる生物学に必須の時代に

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 生き物の色々な活動を調べる。そこから生きているって何かを考えたい
  • 生き物好きな人が自分の好奇心を原動力に仕事ができる、この世に残された楽園のひとつ
  • 図鑑や教科書の記載を増やして、君の勉強する内容を増やす仕事

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 自然に生きるモノの営みを理解する。仕組みと意義。それが分かると楽しい、嬉しい<

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 全く予想していない実験結果が得られたとき
  • 予想外の現象に出くわした瞬間
  • うんちの話をしていても「学問的に」話すことで人が聞く耳を持ってくれる

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 自分が同じ現象に出会ってもそうは考えないであろう、発想と着眼点で勝利している論文
  • 美しいデータと美しい論理(不正はダメだけど)

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 社会情勢が変わろうが、不遇の時代があろうが、ぶれない理念を持ち続ける

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • データが大量にあるだけで中身のない論文
  • プレスリリースに見栄えの良い流行りのフレーズが連発されていると、ちょっと身構えて見てしまいます

 
23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「実験で殺される動物がかわいそう」

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • 生命と非生命が区別できる
  • ネズミで起こっていることは、ヒトでも起こる
  • 後から調べがつかない段階からのねつ造はない

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 少しずつでも良いので新しい知見が明らかになり、人類の叡智が停滞なく前進していることを示しつつ、その時代時代に生きる人が知の悦びを実感できる
  • 健康寿命の長い社会

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 世界は分割できない1つのものであるという立場に立てば不可能ではないか
  • 分割できると思っているのは記号で表しているからではないか
  • なぜ自分が存在しているのか全く分からない。深く考えていると背筋が震える

 

基礎生物学

1.所属
  • 大学(国立)/大学(国立)
論文 2.ページ数
  • 10ページ前後
3.著者数
  • 5人
4.年間本数(平均)
  • 1~2本。手法と対象、研究室規模にもよる
5.著者名掲載ルール
  • 貢献度(データ収集の)順
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 基本は論文
  • 論文が和文なら書籍もありかも
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 日本応用動物昆虫学会:1,000人くらい
8.学会誌の発行頻度
  • 年0~12回くらい
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表12分、質問3分
  • 質疑応答を避けるために15分しゃべる人もいる
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
  • 日本人は発表フォーマル、バンケットカジュアル
  • 欧米人は発表半パン、バンケットおしゃれ服
12.国際会議での発表
  • いつも日本でやっている国際学会はあまり評価されない
13.一般的な研究費
  • 50~500万

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

  • 両性腺

 
15.仲の良い分野は?

  • 農学

 
16.仲の悪い分野は?

  • 医学系とは微妙な間柄

 
17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 生物を細胞レベルから個体(群)レベルまであらゆる側面から知り尽くすために研究する分野。ただし、生物に人間は含まれません

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 生物とは何かを理解する

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 面白いデータが出たとき
  • 対象生物をうまく飼育できたとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 大きな問にシンプルな手法で答えを出している論文

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 人間性がよく論文も書き、良い教え子が多い人。新しい研究分野を作れる人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

23.ここが変だよ! 私の分野

24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「お金になるの?」
  • 「どうやったらXXXX(研究対象)を抹殺できますか?」

 
25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

  • モデル生物最強

 
26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

  • 研究成果をすぐにお金に換算しようとしない社会

 
27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

  • 常に不明な部分は残るが記述することは可能

 

人類学

1.所属
  • 動物園(兼:大学(国立))
論文 2.ページ数
  • 10~20ページくらい
3.著者数
  • 1~10人、プロジェクト次第
4.年間本数(平均)
  • ファーストで1~3本かな
5.著者名掲載ルール
  • 書いた人がファースト、スーパーバイザーがラスト。間に手伝った人たち
6.書籍と論文、評価されるのは
  • 論文
学会 7.おもな所属学会と所属人数
  • 500人くらい
8.学会誌の発行頻度
  • 年4回くらいが多い
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表12分、質問3分
国際会議 10.意外?な開催場所
  • コロンビア。空気が薄かった

 

11.服装
  • Tシャツ

 

12.国際会議での発表
  • 評価する
13.一般的な研究費
  • 300万円くらい?

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

  • 誰でもOKです

 
16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 人って何かを考えています、広い意味で

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 人はどうやって進化(生物学的進化)してこうなったのか?

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 動物を見ていて、疑問に関する答えが何かストンと来たとき

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • 往年の疑問について、新しい発想もしくは超人的な努力であきらかにしたもの

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 新しいフレームワークを打ち出せる人。そして後進を育てられる人

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • 結論ありき

 
23.ここが変だよ! 私の分野

  • ヒトと動物の間の境目がゆるい

 
24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

  • 「それ人の役に立つの?」
  • 25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

    • 自然との共存大事

     
    26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

    • 人がそれ以外の動物たちと共存できるのが良い社会

     
    27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

    • できる限り記述したいと思うけれど、こぼれ落ちている気はする

     

    The Academic World 結集全分野

    総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
    人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
    理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
    生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)