TAG 神田眞人

河野太郎議員への公開討論記事

職員数増加の妥当性はその背景を考慮して解釈すべき(河野太郎議員への公開討論記事2)

河野太郎氏から、平成16年から平成28年にかけて国立大学の職員数が2万4千人近く増加しているとの指摘がなされた。私は、この数値を解釈するにあたって以下の三点の背景を考慮する必要があると考えている。それはすなわち、(1)法人化以前の国家公務員定数削減、(2)法人化以後の業務拡大、(3)常勤/非常勤・職種の内訳、である。