開催報告:第2回 Science Talks LIVE 「社会の役に立つ研究者」になる方法ってなんだ?

「日本のサイエンスをもっと元気に、面白く」するための先駆的な活動をされている研究者の方をゲストにお招きしてお送りする「Science Talks LIVE」。

今や科学者も自分の研究が社会にとってどのような価値があるのか、社会にどう役に立つのかを説明しなければならない時代です。一方でノーベル賞学者をはじめとする著名な研究者たちが「科学や科学者は経済界から自由であるべきだ」「成果が目に見えるかどうか、産業化に繋がるかどうか……そんな近視眼的な評価では日本の研究力は上がらない」と特に基礎科学を擁護する声を上げています。役に立つ研究を優先させるべきなのか、今すぐに役立たなくても将来を見据えて守るべきなのかと議論も二極化しがち。

でも改めて考えてみると、「社会の役に立つ」ってどういうことなのでしょうか? 直ぐに商品化できる何かを作ること? 社会問題を解決すること? そういう形で社会に貢献している研究者の方も確かにいらっしゃいますが、それとは違うテーマで研究を始めたら、この先ずっと、誰かの役に立てる機会は訪れないのでしょうか? そうではないのでは……? というのが今回のテーマです。

トークゲストは、国立情報学研究所(NII)教授でアルゴリズムやデータ最適化を研究されている宇野毅明(うの・たけあき)氏。「社会の役に立つ研究」をするのは難しくても、「社会の役に立つ研究者」になる方法はある。自分の専門を追求しながら社会や企業と繋がって、チャンスや人脈を手に入れながら、お互いにとって意味のある、価値のあるものを作って行ける――愛媛県の結婚支援センターと協力し、婚活サービス利用者の成婚率を大幅アップさせたご経験を中心に、社会の中で生きて行きたい研究者へのエールを頂きました。

↓↓報告記事一覧へジャンプ↓↓

イベント概要

日時:2016年10月7日(金)19:00~20:30
会場:カクタス・コミュニケーションズ、イベント会場・アインシュタイン(東京都水道橋)

<トークゲスト>
宇野 毅明(うの・たけあき)氏
国立情報学研究所 情報プリンシプル系 教授

プロフィール
1970年、東京都生まれ。東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士課程修了。博士(理学)。専門分野大規模データや組合せ的な構造を扱う、超高速アルゴリズムの開発や、組合せ数理の研究が専門。特にテキスト・ゲノム・Webネットワークなどに対するデータ解析やデータマイニングのアルゴリズムを専門とする。企業との共同研究を積極的に行い、思考のための道場、「未来研究トーク」の運営に携わるなどアクティブに活動を広げる。

ウェブサイト

<モデレーター>
嶋田 一義(しまだ・かずよし)氏
サイエンストークス委員会委員
独立行政法人 科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター 調査役

プロフィール
1972年生まれ、 早稲田大学大学院理工学研究科電子・情報通信学専攻博士課程修了、博士(工学)

詳しい自己紹介は >こちら

このテーマの記事一覧

  1. 論文をたくさん書ける研究者=社会の役に立つ研究者?
  2. 目の前の課題を解ける研究者=社会の役に立つ研究者?
  3. 研究者、婚活を手伝う!? その1
  4. 研究者、婚活を手伝う!? その2
  5. フロアディスカッション:研究者に社会が求める資質って何? その1
  6. フロアディスカッション:研究者に社会が求める資質って何? その2
  7. フロアディスカッション:研究者に社会が求める資質って何? その3
  8. フロアディスカッション:研究者に社会が求める資質って何? その4