【衆院選2017】どうする、どうなる? 日本の科学技術政策―今年もやります! 科学技術政策・公開政党アンケート

【参院選2016】科学技術政策についての政党アンケートから1年3か月。
日本の科学技術政策をどの政党に委ねたいのか、選択の季節が再びやってきました。今回の衆議院選挙は10月10日(火)に公示され、10月22日(日)に投開票される予定です。

Science Talksでは今回の衆議院選挙でも、科学技術と社会のあり方を考えるグループ「サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)」及び「日本の科学を考えるガチ議論」との共催で各政党への科学技術政策公開アンケートを実施いたします。

各政党からのアンケートの回答締切は10月16日(月)いっぱい。回答をいただけ次第、こちらのページで順次公開していきます。

日本の研究力の退潮が懸念される今、科学技術の今後を憂う皆様の投票の参考になれば幸いです。

公開アンケートの中身はこちら

政党別 公開アンケート回答

今回公開アンケートを配布した政党は以下の13政党です(順不同)。各政党の回答は、届き次第順次公開します。※回答がない場合は「なし」として公開予定です。

科学技術政策についての公開アンケート2017年版のなか見

今回の公開アンケートの質問テーマは、①科学技術関連予算(政府負担研究費)について、②国立大学改革について、③科学技術分野の人材育成について、④大学院の学費について、⑤研究者のポストについて、⑥研究者との直接対話について、⑦研究費を無駄なく活用する方法について、⑧研究不正についての全8項目です。詳細は以下から(左下の矢印をクリックでページをめくれます)、またはこちらからPDF版でご覧ください。

election2017_questionnaire

衆議院選挙2017 科学技術政策に関する各政党への公開アンケート
from SSA & Science Talks