ポスト真実がやって来た!トランプ時代にどう変わる?アメリカの科学と政治

日時 2017年3月31日(金)19:00〜20:30
会場 カクタス・コミュニケーションズ、イベント会場・アインシュタイン(東京都水道橋)
共催 サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)

アメリカでトランプ政権が誕生し、世界中の話題になっている移民政策や外交政策だけでなく、サイエンストークスが気になるのは何と言ってもアメリカの科学政策の行方。アメリカといえば様々な意味でサイエンス振興の本拠地であるわけですが、トランプ政権は科学顧問を未だに指名していなかったり、地球温暖化懐疑派の人物を環境保護庁の長官に任命し、オバマ政権で出された気候変動対策を撤回する大統領令を出すなど、基本的にサイエンスには興味がない、どころかどうやらアンチ・サイエンス主義なご様子です。

もともとトランプ以前のアメリカの政治はどちらかというとエビデンスを重視する(Evidence-based)流れがあり、オバマ政権下でも、政治的決定に科学的知識が積極的に使われ、科学者たちがかなり政策決定に関わってきたわけですが、国内の雇用と経済を重視し、宗教の影響が色濃いトランプ政権では、科学の政策決定への活用も、はたまた政治の科学への配慮も軽視されそうな気配。

「ポスト真実(post-truth)」の時代がやってきました。今は科学的根拠や客観的事実よりも、個人的信条や感情が世論と政治を動かす危険を孕んだ時代。「ポスト真実(post-truth)」という言葉はイギリスのEU離脱を決定した国民投票から始まり、トランプ氏の大統領選の勝利で決定的な時代の嵐になりました。ポスト真実の嵐吹き荒れるまっただ中のアメリカで、科学と政治はこれからどうなっていくのでしょう?

サイエンストークスLIVE・第5夜のゲストは、文化人類学者、科学社会学・科学技術史学者の春日 匠(かすが・しょう)氏。春日氏はNPO法人サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)の企画で、アメリカのAAAS(アメリカ科学振興協会)年次総会に参加し、トランプ政権下の科学のゆくえを危惧するアメリカの科学者たちの議論を取材されてきました(詳しくは春日氏のブログをチェック)。

AAASはご存知の通り科学ジャーナル「サイエンス」を出版し、政府に科学者を派遣するプログラムを運営するなど、政治と科学の協力関係を作ってきたアメリカの非営利団体です。2017 年2月に行われた今年の年次総会には、「憂慮する科学者同盟」が組織した”Defending Science and Scientific Integrity in the Age of Trump” (トランプ時代に、科学と科学の健全性を守る)と題する分科会が開催されたりしています。トランプ政権をアメリカの科学者たちがどう見、どう考え対処していくのか、現場を取材した視点から語っていただきます。

対するモデレーターはおなじみサイエンストークス委員会・委員の小山田和仁(おやまだ・かずひと)氏。サイエンスコミュニティにとっては大番狂わせのトランプ政権誕生を、科学技術政策の専門家の立場から危惧する小山田氏。今アメリカの科学に何が起きようとしているのか?サイエンスの中心にあるアメリカの変化は、日本や、はたまた世界のサイエンスの動向にどんな影響を与えうるのかを、春日氏の報告をもとに議論します。

 

kasuga<トークゲスト>
春日 匠(かすが・しょう)氏

文化人類学者、科学社会学・科学技術史学者
大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 招へい研究員兼、近畿大学 非常勤講師

プロフィール
小笠原諸島の歴史人類学研究ののち、社会運動のグローバルなネットワーク化などについて、インド、ブラジルなどを事例に研究。世界社会フォーラムなどに係わる。特に、遺伝子組換え作物の導入について、何故第三世界において反対運動が起こり、それがグローバル・ネットワーク化されていくかといったことを研究。
大阪大学では、サイエンスショップの設置に係わる。

 

********

 

oyamada<モデレーター>
小山田 和仁(おやまだ・かずひと)氏
サイエンストークス委員会委員、政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター専門職・プログラムマネージャー補佐

プロフィール
サイエンストークス発起人であり委員。サイエンストークスでは活動方針のまとめから運営、イベントの司会、進行まで幅広く務める。科学技術政策研究者。

2003年 東京大学大学院総合文化研究科終了。2003~05年独立行政法人産業技術総合研究所特別研究員(技術と社会研究センター、技術情報部門)。研究者のキャリア形成に関する調査研究に従事。2005年政策研究大学院大学助手。2006年より独立行政法人日本学術振興会国際事業部研究員としてアジアとの各種国際交流・協力事業の立ち上げと運営に関わる。その後、科学技術振興機構研究開発戦略センターフェローを経て、2012年6月より、政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策プログラム専門職。「科学技術イノベーション政策のための科学」人材育成拠点の運営及び関連分野の調査研究に従事。

 

****おなじみサイエンストークスBAR****

IMG_6712

トークライブの後はサイエンストークスのイベント恒例「サイエンストークスBAR」を開店。毎回新メニューが登場するオリジナルカクテルとおつまみを囲みながら、サイエンスや学術まわりの様々なトピックをワイワイ語る1時間。

トークゲストの方と尽きない話をしたり、新しく出会う参加者の方とネットワーキングしたり。親密なバーのカウンターでたまたま出会った相手同士、本音で語り合える楽しいトークタイムです。

会場は水道橋・神保町ですから、懇親会のあとの二次会会場にも困りません。参加費2,000円ですので、ぜひご参加下さい。

 

 

****イベント詳細****

イベント名: ポスト真実がやって来た!トランプ時代にどう変わる?アメリカの科学と政治

日時:2017年3月31日(金曜日)19:00 〜 20:30  ※開場 18:30
20:30 〜懇親会あり(希望者のみ)

会場:カクタス・コミュニケーションズ株式会社 会議室Einstein
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-I ビル 4F
Tel: 03-6261-2290  Fax: 03-4496-4557
アクセスマップ: https://goo.gl/maps/FfKpXSvCMcG2

参加費用:トークライブのみ参加が1,000円。懇親会つき参加は2,000円。
※当日受付でお支払いください。
※ご参加申し込み後当日キャンセルされた場合は1,000円のキャンセル料がかかります。ご了承ください。

参加方法:以下のフォームからお申し込みください。
フォームが見られない方はcontact@sciencetalks.orgまでメールでご参加希望をお伝えください。
遠方でご参加いただけない方のために当日ライブ中継も行います。本ページにお越しください。

****タイムテーブル****

18:30〜 受付
19:00〜19:10 オープニングトーク
19:10〜19:40 春日氏のゲストトーク
19:40〜20:30 小山田氏MCによるクロストーク&質疑応答会場からの質問セッション
20:30〜サイエンストークス・BAR(懇親会)

主催:サイエンストークス

 

****お申し込みフォーム****