政府の「ゲームチェンジ」という言葉が意味するもの・科学が市民に委ねられる新しい時代へ 〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第6話・最終話)〜

2016年1月22日に閣議決定され、すでに施行が開始された政府の第5期科学技術基本計画。当然気になるのが、「僕らの提案、少しは盛り込んでくれてるのか?」という疑問。そこで、サイエンストークスの小山田和仁さん、嶋田一義さん、湯浅誠さんの3名が集結。政府の答申案をサイエンストークスの提案内容と比較しながら、日本の科学技術の今のこれからについてじっくり語りました。 (収録は2016年1月、政府の答申案を資料として利用しています。) 第6回     (つづく)

「CSTI勉強会で展開したEXILEスタイルプレゼンテーション」〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第5話)〜

2016年1月22日に閣議決定され、すでに施行が開始された政府の第5期科学技術基本計画。当然気になるのが、「僕らの提案、少しは盛り込んでくれてるのか?」という疑問。そこで、サイエンストークスの小山田和仁さん、嶋田一義さん、湯浅誠さんの3名が集結。政府の答申案をサイエンストークスの提案内容と比較しながら、日本の科学技術の今のこれからについてじっくり語りました。 (収録は2016年1月、政府の答申案を資料として利用しています。) 第5回 CSTI勉強会でのEXILEスタイルプレゼンテーション (つづく)  

「けっこう提言を反映していただいてるっぽい?実際の「第5期科学技術基本計画」を見てみよう」〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第4話)〜

「僕の印象では、どちらかというと、僕らの提案書から直接文章や言葉を引用してくれているというよりは、 マインドセットや考え方のフレームに少しは影響を与えられたのかなと。僕らの考え方を組み込んでもらえてるようだな、と感じますね。」

「ソーシャルタイムで活動するからこそ「作っていく過程」そのものが面白い」〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第3話)〜

「これってちょっと逆説的なんだけど、 「自分の勤務時間内でなければ仕事しません」というのが普通のスタンスかもしれないですよね。でもサイエンストークスの「勝手に『第5期科学技術基本計画』みんなで作っちゃいました!」に関わった人たちって、誰一人 として自分の ワーキングタイムで仕事していた人がいなくて。」

「言いっ放しじゃない、新しいタイプの科学技術政策提言が作りたかった」〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第2話)〜

「「ナノテクノロジーとかライフサイエンスに投資すべき」とか、「グリーンイノベーション」や「ライフイノベーション」という特定の分野に投資すべき、というだけじゃなくて、科学技術基本計画はもっとプレイヤーである人間に注目したいよね、という熱意がすごくあったんですよ、現場には。だから僕らもそこに共鳴したというのはあると思うんですよね。」

「そもそもなんで『第5期科学技術基本計画』、勝手に作っちゃうことにしたんでしたっけ?  〜勝手に「第5期科学技術基本計画」編集部反省会(第1話)〜

すでに始まった第5期科学技術基本計画ですが、当然気になるのが、「サイエンストークスの提案、少しは盛り込んでくれてるのか?」という疑問。そこで、「勝手に『第5期科学技術基本計画』みんなで作っちゃいました」企画の当時の企画リーダーである小山田和仁さん、編集長の嶋田和義さん、委員会副委員長の湯浅誠さんの3名が集結。政府の答申案をサイエンストークスの提案内容と比較しながら、日本の科学技術の今のこれからについてじっくり語りました。(全5話)

「研究者だからこそできる。現場に行かない災害支援のありかたを探ってみよう」、というお話。〜未来研究トーク2015の記録(3)〜

クライシスと日常の狭間を考えることで、自分ができることが見えてくる。 震災や津波、火山などの自然災害や紛争などのクライシスがどこか遠くで起きた時、離れた場所にいる自分になにができるのかと自問したり、無力感にかられたりしたことがある方は多くいるでしょう。支援をしたいと思っても、家族や仕事の責任を持っている大人には現場ボランティアに参加するのは難しいことがほとんどです。第3回未来研究トーク2015のテーマは「非常時の行動力の源泉」。工夫を凝らせば、義援金を送る以外の方法で、自分の普段の興味や活動を源泉にして、自分のいるこの場所からできる支援があるかもしれません。 話題提供者にマップコンシェルジュ株式会社、世界防災減災ハッカソンRace for Resilience 代表であり青山学院大学地球社会共生学部・教授、古橋大地さんをお招きし、オープンストリートマップというご自身の活動をベースに地理空間情報を利用した防災・減災の取り組みを紹介していただきました。議論のファシリテーターはカディンチェ株式会社、代表取締役社長、青木崇行さん。青木さん自身もネパールの震災において独自の支援活動を展開されています。 日常と非常時は地続き。このワークショップでは、古橋さんと青木さんの実践を参考に参加者一人一人が自分の足元からできる災害対応や支援の方法を考えました。

「見るという行為は想像以上にディープ。考えることと密接なつながりがあるんですよ、というお話。〜未来研究トーク2015の記録(2)〜

ディープな錯視の世界から、「見ること」と「考えること」の複雑な結びつきを理解する。 「見る」ってどういうことか、皆さんは深く考えたことはありますか?あるいは「見える」とは?よくある身近な例で考えてみましょう。仕事から帰ると奥さんが不機嫌そうにしています。わけがわからず聞いてみると、「3日前に美容院に行ってヘアスタイルをすっかり変えたのに、あなたはこの3日間全然気づかなかった。私を全然見ていない。愛していないのね。」、と落ち込んでいる。奥さんはちゃんと愛しているし顔もなんども間近で見ているけれど、髪型の変化に気づかないのはなぜか?今回は視覚情報システム研究をされている東北大学電気通信研究所 准教授、栗木一郎先生を話題提供者にお招きし、そんな視覚のミステリーをテーマに取り上げました。「見る」と「考える」のつながりを考えた「未来研究トーク2015」のワークショップ、第3回の取材レポートです。(専門的な内容を伝え切れてない部分がございますが、著者の説明が不足な点はご容赦ください。)

【ワークショップ案内】非常時の行動力の源泉 ~仕事・家庭・そして社会~ 未来研究トーク2015 第3回WS

あなたの力は非常時にどう役立てられるか?未来研究トーク2015(第3回)開催のご案内 ■日時:2015年12月11日(金)19:00-21:00 *終了後懇親会■場所:国立情報学研究所 (竹橋駅・神保町駅より徒歩3~5分)http://www.nii.ac.jp/about/access/■テーマ:非常時の行動力の源泉 ~仕事・家庭・そして社会~■話題提供者:古橋大地(マップコンシェルジュ株式会社・世界防災減災ハッカソンRace for Resilience 代表/ 青山学院大学地球社会共生学部 教授)http://sugoisaigaikunren.org/member/member02.html■ファシリテータ:青木崇行(株式会社カディンチェ 代表取締役社長)http://www.kadinche.com/about/member 話題提供者 古橋先生のTEDxKids動画 非常時の行動の源泉〜あなたは非常時に行動を変化させられるか? 今回は、オープンストリートマップという活動をベースに、地理空間情報を利用した防災・減災に取り組まれている、古橋大地さんに話題提供いただき、ネパールの震災直後から速やかな支援活動を展開している青木崇行さんのファシリテーションによりワークショップを行います。 テーマは、「非常時の行動力の源泉」。職場と家庭で大きな責任を担い、大変多忙な生活を送っている方々も多いと思います。こうして努力している人々が、震災のような非常事態が発生したとき、速やかに自分の行動を変化させられることは、当事者でない人ほど難しいのが現実です。古橋さんや青木さんは、災害発生直後から速やかにプロジェクトを立ち上げ、自分たちの培ってきた知識や技術を新たなフィールドで役立てています。私たちもそうありたいと思いませんか? 今回のワークショップでは、災害と一見無関係に思える私たちの日常生活を見直すことから対話を開始します。例えば、青木さんがネパールの震災直後に動き出せた背景には、学生時代から途上国での活動に従事してきた経験や、東日本大震災で他者の取り組みを観察してきた経験があるそうです。職場・家庭の中にとどまらず、社会人としての自分の役割を広い視点でとらえなおすことは、私たちの行動の文脈に大きな影響を与えるはずです。 震災や紛争といった災害が起きたとき、自然に自分の能力を生かした活動が始められるには、日常的にどのようなことに取り組むべきなのでしょうか、参加者全員が自らの可能性をできるだけ広く俯瞰し、生活にビルトインしうる課題を設定しましょう。 宿題(グループワークで簡潔に発表していただきます) 生計を立てるために不可欠な仕事とも家庭生活とも異なる活動が、自分の生活の中にあるかどうか点検し、それをなぜ自分がやっているのかを再考する。 仕事とも家庭生活とも異なる自分の活動が、災害等の非常事態においてどのような発展の可能性があるか(どのように活動すれば、もっと広い文脈に接続させられるか)考えてみる。 ご参加方法 ■会費 3,000円(懇親会費込・懇親会に参加しない方は1,000円)■連絡先:嶋田一義未来研究トーク実行委員会 事務局長miraikenkyu@googlegroups.com

2年間お待たせしました!帰ってきたガチ議論、開催です。

お待たせしました!日本分子生物学会X日本生化学会合同、BMB2015にガチ議論が帰ってきました!サイエンストークスもメディアサポート中です。文科省、研究者、大学、学会。日本の科学のために、それぞれのアクターが何を変えられるのか。2年越しの熱い議論が巻き起こります。本日午後6時45分から、ライブ中継でご覧ください。↓ プロモーション動画はこちらから。乞うご期待! 日 時:12月3日(木)18:45~20:45 会 場:第14会場(神戸国際会議場 1階 メインホール) 日頃、「文科省のおかげで大学(研究所)がめちゃくちゃだ!」とお怒りの皆さん。お待たせしました。ガチ議論が2年ぶりに帰ってまいります。今回は、文科省対話 型政策形成室のご協力のもと準備を進めております。ガチ議論の場での要望は、間違 いなくトップに届きます。ですが、届けば叶うわけではありません。単に「もっと 予算をよこせ」と叫ぶだけでは何も起こらない。我々科学者は「知的な」集団である はずです。納得せざるを得ない論理とデータで説得しましょう。ラスボスを味方に 引きずり込みましょう。それができるかどうかで、明日の生命科学の環境は大きく変 わるはずです。 今年のテーマについては、現在検討を進めていますが、それをするにも皆さんのご協 力が必要です。単なる非難のやりあいにならないように、研究者サイドからの問題 点を整理し、それを文科省側に振り、事前に論点を煮詰めることで、当日の議論を有 意義なものにしたいと考えます。研究者側にも立場(学生、PD、PI、大御 所)の違いにより意見が大きく異なると思われますが、それも、一切合財飲み込んで、 形式的でないガチな議論をしたいと考えます。 主役は、参加するあなたです。 BMB2015 ガチ議論 プログラム情報はこちら http://www.aeplan.co.jp/bmb2015/gachi.html ガチ議論公式サイトはこちら http://scienceinjapan.org