サイエンストークス・オープンフォーラム2014 日本の研究をもっと元気に、面白く ~みんなで作る、「第5期科学技術基本計画」への提言~

5th

「日本の研究力を元気に、面白くしたい!」と願う有志のメンバーが集い2013年夏に結成されたディスカッション・プラットフォーム「Science Talks日本の研究力を考える委員会」(委員長:岸 輝雄/東京大学名誉教授)は、昨年秋のシンポジウムに続き、10月25日(土)に東京大学にて「サイエンストークス・オープンフォーラム2014、日本の研究をもっと元気に、面白く。~みんなで作る第5期科学技術基本計画~」を開催します。

サイエンストークスは、2014年3月より「勝手に第5期科学技術基本計画みんなでつくっちゃいました!」というパブコメ企画を開始し、ウェブやイベントを通じて秋からはじまる政府の計画立案に合わせて提言案を作成しています。このオープンフォーラムでは、各分野のステークホルダーを交えて、提言案をブラッシュアップします。科学の当事者である研究者、科学政策関係者、政府や企業、科学ジャーナリストの皆さん、そして科学を元気にしたいすべての方のご参加をお待ちしています。

 

会場・日時

日時:2014年10月25日(土)12:30 – 18:00 ※受付12:00〜
場所:東京大学 本郷キャンパス(工学部)武田先端知ビル 武田ホール
東京大学本郷キャンパスへのアクセス地図
東京大学本郷キャンパス内・工学部 武田先端知ビルへのアクセス地図
参加人数:200名

参加費:無料

当日はUSTREAMでもオンライン中継をおこないます。ご自宅やオフィスからご視聴可能です。

パネリスト(現時点で決定の方のみ掲載)

harayamasan.jpg原山優子 氏 / Yuko Harayama
内閣府総合科学技術・イノベーション会議 有識者議員(常勤)
元東北大学大学院 工学研究科教授
安部政権の成長戦略の一貫として、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議の有識者議員として第5期科学技術基本計画の立案を推進。
kishi.jpg-1024x1024岸輝雄 氏 / Teruo Kishi
東大名誉教授、サイエンストークス委員会 委員長
独立行政法人物質・材料研究機構 顧問/新構造材料技術研究組合 理事長、内閣府プログラムディレクター

ご自身も物理学者であり、科学技術政策の専門家としての立場でもある観点から、科学技術の問題についてご意見を頂きます。サイエンストークスでは、立ち上げより委員長を務めていただいています。

kawata- 河田聡 氏 / Satoshi Kawata
大阪大学特別教授・工学研究科応用物理学専攻教授 生命機能研究科教授・フォトニクスセンター センター長

応用物理学会会長を務め、科学技術の問題について精力的に発言。特に現在のアカデミアにおける過度な競争と分野重点化の弊害について様々な媒体を通じて語られています。

shigeru-kondo 近藤滋 氏 / Shigeru Kondo
大阪大学大学院生命機能研究科 教授 日本分子生物学会理事

昨年度の第36回日本分子生物学会年会長として、斬新な企画・運営。「日本の科学を考えるガチ議論」では研究者と政府が本音を語る場を作るなど、学会の存在意義を塗り替える様々な試みをされています。

tomonaga2.jpg 友永省三 氏 / Shozo Tomonaga
京都大学大学院農学研究科 助教 日本畜産学会若手企画委員会委員

農学分野の研究者として、食肉に多く含まれるイミダゾールジペプチドと発達期の栄養学を研究。日本畜産学会の若手企画委員会において、精力的に活躍。
(株)ユーグレナ 研究開発部長鈴木健吾鈴木健吾 氏/Kengo Suzuki
株式会社ユーグレナ 取締役 研究開発部長
東京大学東京大学、農学部生物システム工学専修を卒業後、2005年に株式会社ユーグレナの取締役に就任。

 
 

オープンフォーラム概要

「日本の研究をもっと元気に、面白く。」それがサイエンストークスの目標です。サイエンストークスは、日本の研究と科学技術を活性化させたい様々な立場の個人が自由に集まって議論し、よりよい実践を広げていくことをめざしたムーブメントです。科学を愛する有志による委員会を2013年に立ち上げ、日本の研究にまつわる様々な課題の議論を行ってきました。

力はまず個人に宿り、それが集団に伝播してシナジーを起こします。現場の当事者からの問題意識と発信を起点にした議論と実践を積み重ねることで、日本の研究にはもっと力が宿るのではないでしょうか。 ステークホルダーは、研究者、研究組織、科学技術政策立案者だけではなく、ジャーナリスト、企業、学生、市民…科学に関わるすべての人たちです。

サイエンストークスは2014年の今年、第2回となるオープンフォーラムのテーマとして、日本の研究の方向性を決める、政府の「第5期科学技術基本計画」に注目しました。5年に一度の科学技術基本計画作りの機会を捉え、日本の研究をもっと元気に面白くする方策をみんなで考える場を創ります。 3月から「勝手に第5期科学技術基本計画みんなでつくっちゃいました!」というパブコメ企画を開始し、ウェブやイベントを通じて秋からはじまる政府の計画立案に合わせて提言案を作成しています。このオープンフォーラムでは、各分野のステークホルダーを交えて、提言案をブラッシュアップします。

勝手に第5期科学技術基本計画、議論中の4つのテーマ

Empowerment of Young Generation
若手が活躍できる環境づくり 

「全ての垣根を取り払い、時間をかけていろいろな課題を発掘し、取組む事のできる未来志向の集団の創設。現代的な組織構造(ハブ構造)により、個々人が「主役感」を持ち個人、組織の活動に集中して取組むことのできる”Powerful”ではなく”Effective”かつ”Creative”な集団を目指す。」

oki-sensei

Diversity
オモシロイ人材が集まる、育つ

「研究の世界で、人々の多様性が活かされ、集合知が発揮されるようにする。すなわち、様々な立場、ライフスタイル、興味関心の人々がチームを組み、お互いの長所を活かしながら、発見や知識の蓄積に貢献できるような環境を作りたい。」

miyakawa-sensei

Competition & Collaboration
競争と共創の両立 研究を最適化する評価システム

「真のオリジナリティや真の有用性が評価され、不正を行う動機をうまないような評価システム、公正で透明性のある競争環境とはどのようなものでしょうか。また、本当に高く評価されるべき研究とは?競争と安定のベストミックスを探し、研究活動を最適化する評価の仕組みを考え、提案します。」

nakamura-sensei

Trust
信頼と支持に基いた研究

日本経済の長い低迷の中、科学技術に国家予算を割くことへの国民の理解と信頼を得ることがますます重要になっています。その中で、昨今問題に取り上げられている研究不正の問題を乗り越え、研究者のIntegrity(インテグリティ)を維持し、高めていくためには何を変えていけばいいのかを考えます。

プログラム

12:30 – 12:35 はじめのあいさつ
湯浅誠/カクタス・コミュニケーションズ株式会社

12:35 – 12:50 オープニングスピーチ/具体例から始める科学政策提言
小山田和仁/政策研究大学院大学(サイエンストークス・オープンフォーラム2014が目指すもの)
嶋田一義/独立行政法人 科学技術振興機構(JST)(勝手に第5期の編集方針とセッションのルール)

12:50 – 13:40 Empowerment/エンパワメント~若手研究者が活躍する環境づくり
駒井章治 (奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 准教授)
~10分間の休憩~

13:50 – 14:40 Diversity/ダイバーシティ~オモシロイ人材が集まる、育つ場づくり
隠岐さや香 (広島大学大学院総合科学研究科 准教授)
~10分間の休憩~

14:50 – 15:40 Trust/トラスト~信頼と支持の獲得
中村征樹 (大阪大学 全学教育推進機構 准教授)
~10分間の休憩~

15:50 – 16:40 Competition &Collaboration/コンペ&コラボ~競争と共創の両立するシステムづくり
宮川剛 (藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 教授)
~10分間の休憩~

16:50 – 17:10 Mission & Passion/ミッション&パッション~学術的・社会的に熱意のこもった研究作り
長神 風二(東北大学脳科学センター 特任教授)※全体の目標と、4つのテーマのつながりの紹介

17:10 – 17:50 まとめ
小山田和仁/政策研究大学院大学 ※企画長総括
嶋田一義/独立行政法人 科学技術振興機構(JST) ※編集長総括

17:50 – 18:00 クロージングスピーチ

セッションの手法:フィッシュボウル

なるべく多くのインプットを参加者の皆様から得る目的で、フィッシュボウルというディスカッション手法を使用します。

フィッシュボウルでは、車座の一列目の席に座った人のみが自由に議論に参加し、発言できる仕組みです。一列目は出入り自由で、すでに発言をした人は後方の席に移動していただきます。後方で聴衆をしていた方のなかで、言いたいことができてムズムズしてきた方が、一列目の空いている席に自由に移動して発言することができます。議論の参加者と観客がダイナミックに入れ替わりながら議論が進むスタイルです。

※そもそも科学技術基本計画ってなに?

科学技術基本計画ってご存知ですか?

政府が科学技術基本法に基づいて1996年から作成している、日本の学術と科学技術の方向性を決めた5カ年計画です。これまでの計画では第1期計画の一部として実施された「ポスドク一万人計画」や第2期計画に盛り込まれた研究の競争的資金(科研費等)の倍増や重点化(選択と集中)など、この計画で定められたテーマは研究者の生活に直結する環境変化を起こします。今は第4期(2011〜2015年)の最後の年となり、4期のレビューを元に秋までには2016年から始まる第5期計画の骨子が決まります。


地図を読み込んでいます...

日時
2014/10/25 at 12:30 PM

会場
1138654 東京都文京区
本郷7-3-1
Japan

イベント予約

このイベントのご予約は終了いたしました