シンポジウム「研究推進におけるURAの意義と多様性~文系機関での可能性を探る」のご案内(3/18 於:東京大学福武ホール)

本シンポジウムでは、特に文系研究機関において研究力を強化する上で何が必要かという点に着目し、URA業務の実態や意義、課題について検討します。先駆的な取り組みを行ってきたURAの方々のお話をうかがうとともに、日米でのURA業務についての調査結果を報告し、そこから浮き彫りになるURAの多様性と今後の可能性を探ります。
【主催】 東京大学社会科学研究所研究戦略室
【日時】 2014年3月18日(火)13:00~16:40
【場所】 東京大学情報学環 福武ホール福武ラーニングシアター
     アクセス: http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/

ご参加ありがとうございました!【イベント報告】サイエンストークス・バー ~第5期科学技術基本計画についてもっと知ろう、もっと語ろう~

“サイエンストークス・バー Vol.2 ぼくらが作る「第5期科学技術基本計画」~そもそも科学技術基本計画ってなに?~” は科学技術基本計画について知ってる人も知らない人も一緒に楽しめる研究者向けの基礎講座&トークイベント。第5期科学技術基本計画は、日本の2016年~2020年までの5年間の研究に関する政策方針を決めてしまう重要な計画。研究の現場にいるなら知っておかなきゃまずい科学技術基本計画を徹底解剖してわかりやすく解説し、今の研究業界の問題を解決するためにこれだけは計画に盛り込んでほしい!という研究現場ならではのアイディアを会場のみなさんとブレストします。特別ゲストは、実際に2016年から施行される第5期科学技術基本計画を作成中の内閣府・総合科学技術会議の原山優子議員。第5期計画の進捗状況や、現場や若手の研究者の皆さんからほしいインプットについてお話いただきます。

【終了しました!】出張サイエンストークス・バー in 大阪大学中之島センター ~若手研究者トークイベント~

「出張サイエンストークス・バー」は、研究者のみなさんや、研究に関心のあるみなさんのいる場所にサイエンストークスが勝手に出張して、ドリンク・バーを開いてトークイベントをはじめてしまうという学術系ゲリラ・イベントです。 時は2014年7月26日、場所は大阪大学中之島センター。2階のカフェテリア、「スコラ」にて、ビールとワイン、ソフトドリンクと簡単なスナックをご用意してお待ちしています。どなたでも自由にご参加いただけますので、ぜひ会議等のお帰りの前にお立ち寄りください。

【ご参加ありがとうございました!】緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長) ~日本の科学技術政策の課題~

日本だけでなく世界の研究不正史に残ると言われるSTAP事件。事件が深刻化する中で見え隠れする日本の科学技術政策の問題点や課題について、研究者・マネジメントとしての立場から科学技術政策に長く関わり、また理化学研究所の研究不正再発防止のための改革委員会の委員長も務めた、新構造材料技術研究組合、理事長の岸輝雄氏を囲んで語り尽くす、クロストーク形式のトークイベントです。科学ジャーナリストの方、政策関係者、研究者のみなさんにとって、この問題の真の背景を知り、未来につなげていく方法を考えるきっかけとなる会になるよう、多くの方のご参加をお待ちしています。

サイエンストークス・オープンフォーラム2014 日本の研究をもっと元気に、面白く ~みんなで作る、「第5期科学技術基本計画」への提言~

サイエンストークスは2014年の今年、第2回となるオープンフォーラムのテーマとして、日本の研究の方向性を決める政府の「第5期科学技術基本計画」に注目しました。 5年に一度の科学技術基本計画作りの機会を捉え、日本の研究をもっと元気に面白くする方策をみんなで考えるフォーラムを開催します。

科学技術社会論学会シンポジウム2015「日本の学術政策における「イノベーション」の拡大―その深層を考える―」(科学技術社会論学会主催)

科学技術社会論学会主催シンポジウムの情報です。「本シンポジウムでは、日本の学術政策における「イノベーション」の拡大という現象を、経済的・商業的価値観の主導というだけでなく、学術界を取り巻くより幅広い文脈から多面的に検討し、その深層にある本質的な問題点を考えていきたい。」【日時】7月11日(土)13時から17時【場所】東京工業大学 大岡山キャンパス