TAG 科学技術予算

「第2,第3の山中伸弥先生を目利きして見出すシステムをどうすれば構築できるか?」~鈴鹿医療科学大学豊田先生のシンポジウム後インタビュー

「とりあえず、ただちに、基盤的研究費削減と、選択と集中政策をやめるべきです。」 2013年に開催したサイエンストークス・シンポジウムで、鈴鹿医療科学大学、豊田長康学長は、反論を受けることを知りながらあえて繰り返し主張し続けています。そのココロとは―。