TAG 研究費

「無関心層こそが、最大の抵抗勢力」~財務省 国際局開発政策課長 神田眞人氏のシンポジウム後インタビュー

「蛸壺(たこつぼ)的封建状況が日本の弱点ですが、我々自身がそうなっては話になりません。旧態依然に安住する無関心層が抵抗勢力となって自分も自滅していくのが最悪ですから。」 国の財政を司る財務省の中の人でありながら、個人として2013年に開催したサイエンストークス・シンポジウムに参加された神田眞人氏から、こんな刺激的な発言が出るとは。日本の研究者も大学も、科学や学術研究への国民の支持を得るためにもっと努力できるのではないか―。

「基礎研究に税金をかけることの意義をどう国や国民に説明していくか」~内閣官房健康・医療戦略室・次長、菱山豊氏のシンポジウム後インタビュー

「予算を増やしてくれというだけでは説得力がない」―大学や研究機関を日々サポートする立場にある文部科学省の中の人を経験した個人として、元文部科学省・研究振興局、大臣官房審議官で、現在内閣官房健康・医療戦略室次長の菱山豊氏は、2013年サイエンストークス・シンポジウムでそう語りました。

「誰もが正論を語る中で、立場を超えて問題をどう解決するかが今後の議論の焦点である」~熊本大学、谷口功学長のシンポジウム後インタビュー

「何が問題なのかを明確にした国民的な議論をしなければ、将来展望は拓かれないと思います。」 2013年に開催したサイエンストークス・シンポジウム。地域大学(地方大学)の中でも工夫をこらし、高い研究力を維持する熊本大学学長の谷口功氏はこう語ります。 「今の日本の研究環境の何が問題なのか?を語る議論はもう聞き飽きた」という方も多くいるでしょう。私たちサイエンストークスも、そう思います。今語るべきは、数ある問題の中から「何を優先して」解決すべきなのか、「どうやって」「だれが」解決すべきなのか。具体的なアイディアを実現するための議論とは?