CATEGORY イベント報告

イベント報告記事:2014年11月9日 【サイエンスアゴラ2014】~ここがヘンだよニッポンの研究!日本で活躍する型破りな研究者が大集合~

all 02

                    2014年11月9日にて、日本科学未来館 未来館ホールにて、『サイエンスアゴラ2014 ~ここがヘンだよニッポンの研究!日本で活躍する型破りな研究者が大集合~』を開催いたしました。雨の中、お集まり頂きましたみなさん、ありがとうございました!

イベント報告記事:2014年10月25日 サイエンストークス・オープンフォーラム2014 日本の研究をもっと元気に、面白く ~みんなで作る、「第5期科学技術基本計画」への提言~

全体

                    2014年10月25日に東京大学 本郷キャンパス(工学部)武田先端知ビル 武田ホールにて「サイエンストークス・オープンフォーラム2014 日本の研究をもっと元気に、面白く ~みんなで作る、「第5期科学技術基本計画」への提言~」を開催いたしました。当日、会場には現役の研究者、政策関係者などを中心にたくさんの参加者のみなさんにお集まりいただきました。

9月11日開催サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏~日本の科学技術政策の課題~③参加者からのQ&A

75

                    2014年9月10日に「緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長)~日本の科学技術政策の課題~」を開催いたしました。ゲストには研究者・マネジメントとしての立場から科学技術政策に長く関わり、また理化学研究所の研究不正再発防止のための改革委員会の委員長も務めた、新構造材料技術研究組合、理事長の岸輝雄氏を迎えました。モデレーターは政策研究大学院大学の小山田和仁氏。日本の科学技術政策の話を中心に、研究者の人材育成やキャリアから、研究開発費や研究不正まで、日本が抱える問題点について様々な視点からお話頂きました。

9月11日開催サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏~日本の科学技術政策の課題~②研究開発費と研究不正・倫理について

IMG_3502

                    2014年9月10日に「緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長)~日本の科学技術政策の課題~」を開催いたしました。ゲストには研究者・マネジメントとしての立場から科学技術政策に長く関わり、また理化学研究所の研究不正再発防止のための改革委員会の委員長も務めた、新構造材料技術研究組合、理事長の岸輝雄氏を迎えました。モデレーターは政策研究大学院大学の小山田和仁氏。日本の科学技術政策の話を中心に、研究者の人材育成やキャリアから、研究開発費や研究不正まで、日本が抱える問題点について様々な視点からお話頂きました。

9月11日開催サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏~日本の科学技術政策の課題~①人材育成とポスドク問題について

岸輝雄先生

                      2014年9月10日に「緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長)~日本の科学技術政策の課題~」を開催いたしました。ゲストには研究者・マネジメントとしての立場から科学技術政策に長く関わり、また理化学研究所の研究不正再発防止のための改革委員会の委員長も務めた、新構造材料技術研究組合、理事長の岸輝雄氏を迎えました。モデレーターは政策研究大学院大学の小山田和仁氏。日本の科学技術政策の話を中心に、研究者の人材育成やキャリアから、研究開発費や研究不正まで、日本が抱える問題点について様々な視点からお話頂きました。

イベント報告記事:2014年9月10日「緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長)~日本の科学技術政策の課題~」

10646824_837029636310065_7097411549524489207_n

                      2014年9月10日に東京・丸の内で開催した「緊急企画!サイエンストークス・バー with 岸輝雄氏(元・理化学研究所 改革委員会委員長)~日本の科学技術政策の課題~」。当日、会場には現役の研究者の方を中心に約40名の参加者のみなさん、約20名の報道陣の方々にお集まりいただきました。 モデレーターは政策研究大学院大学の小山田和仁氏が担当し、ゲストには研究者・マネジメントとしての立場から科学技術政策に長く関わり、また理化学研究所の研究不正再発防止のための改革委員会の委員長も務めた、新構造材料技術研究組合、理事長の岸輝雄氏を迎えました。 このイベントでは、日本の可科学技術政策の話を中心に、研究者の人材育成やキャリアから、研究開発費や研究不正まで、日本が抱える問題点について様々な視点からお話頂きました。近日中に詳細記事や動画をアップいたしますので、もうしばらくお待ちください!

ScienceTalksオープンフォーラム2014ポスター完成!

BeFunky_ST-openforum-2014-poster-print-A4.jpg

                      2014年10月25日(土)に開催するサイエンストークスオープンフォーラムのポスターが出来上がりました! ★★ポスターのダウンロードはこちらから★★   ★★★イベントのお申込みはこちらから★★★

グループ発表7「流出した人材の把握、活用」―6月6日イベント報告(21)  

10492339_793108220702207_1703371997839059991_n

                      特別ゲストの内閣府・総合科学技術会議の原山優子議員のプレゼンのあとは、グループごとにディスカッションをしてもらい、第5期計画に盛り込むためのアイデアを考えてもらいました。動画は4分ほどのプレゼンです。まだ観ていない方、イベントで観たけれどもう1回おさらいしたい方、必見です。 さてどんなアイデアが飛び出すでしょうか? 今回はグループ発表7のプレゼンです。   流出した人材の把握、活用 いままで人材の長期派遣の人数は減っている、内向きだといわれているが、別の在外邦人統計を見ると海外移住している研究者がいるんじゃないか。優秀な人がどんどんでているんじゃないか。そこは基本計画では保護されていなくて、優秀な人材を外からどうもってくるかという話ばかりしている。日本を出てしまった人を把握して、研究のグローバル化などの話を乗り込んでほしい。   (原山議員のコメント) それをやるにはちゃんと回るシステムが必要。把握はできてない。追い切れないところがある。スイスではボストンにスイスハウスを作った。出た人が国内情報を得るかわりに来る人のデータを出られる。既存のものを使いながらやればできないことはない。イタリアでは優秀な人は帰ってこない。そうならないように日本も気をつけないと。   ————————————– 次回もグループ発表のプレゼンを引き続きお届けします!サイエンストークスの草の根的・研究者からの第5期へのアイディア集め活動、総合科学技術・イノベーション会議の皆さん、原山議員も、黙認・応援(?)してくださっている模様。現場・若手の声を反映したボトムアップ的な計画への提言をしていくだけでなく、同じように研究者、大学、企業、学会、それぞれが国の科学技術の振興に対する当事者意識を持ち、自分たちの持ち場でできることを模索していく、そのコミュニティを作ることが、この企画の趣旨でもあります。皆さんのご意見・アイディア、おまちしています。 勝手に第5期科学技術基本計画つくっちゃいました!のアイディア投稿ページはこちらから  

グループ発表7「いろいろな方法での国民の参画」―6月6日イベント報告(20)

10384190_793110040702025_6721712890113707532_n

                      特別ゲストの内閣府・総合科学技術会議の原山優子議員のプレゼンのあとは、グループごとにディスカッションをしてもらい、第5期計画に盛り込むためのアイデアを考えてもらいました。動画は4分ほどのプレゼンです。まだ観ていない方、イベントで観たけれどもう1回おさらいしたい方、必見です。 さてどんなアイデアが飛び出すでしょうか? 今回はグループ発表7のプレゼンです。