CATEGORY 日本の科学を考える「ガチ議論」

2年間お待たせしました!帰ってきたガチ議論、開催です。

お待たせしました!日本分子生物学会X日本生化学会合同、BMB2015にガチ議論が帰ってきました!サイエンストークスもメディアサポート中です。文科省、研究者、大学、学会。日本の科学のために、それぞれのアクターが何を変えられるのか。2年越しの熱い議論が巻き起こります。本日午後6時45分から、ライブ中継でご覧ください。↓ プロモーション動画はこちらから。乞うご期待! 日 時:12月3日(木)18:45~20:45 会 場:第14会場(神戸国際会議場 1階 メインホール) 日頃、「文科省のおかげで大学(研究所)がめちゃくちゃだ!」とお怒りの皆さん。お待たせしました。ガチ議論が2年ぶりに帰ってまいります。今回は、文科省対話 型政策形成室のご協力のもと準備を進めております。ガチ議論の場での要望は、間違 いなくトップに届きます。ですが、届けば叶うわけではありません。単に「もっと 予算をよこせ」と叫ぶだけでは何も起こらない。我々科学者は「知的な」集団である はずです。納得せざるを得ない論理とデータで説得しましょう。ラスボスを味方に 引きずり込みましょう。それができるかどうかで、明日の生命科学の環境は大きく変 わるはずです。 今年のテーマについては、現在検討を進めていますが、それをするにも皆さんのご協 力が必要です。単なる非難のやりあいにならないように、研究者サイドからの問題 点を整理し、それを文科省側に振り、事前に論点を煮詰めることで、当日の議論を有 意義なものにしたいと考えます。研究者側にも立場(学生、PD、PI、大御 所)の違いにより意見が大きく異なると思われますが、それも、一切合財飲み込んで、 形式的でないガチな議論をしたいと考えます。 主役は、参加するあなたです。 BMB2015 ガチ議論 プログラム情報はこちら http://www.aeplan.co.jp/bmb2015/gachi.html ガチ議論公式サイトはこちら http://scienceinjapan.org

ガチ議論のポスターをアップ!

  開催まで1週間をきったガチ議論ですが、ついに公式ポスターが完成しました!みなさま、是非チェックして下さい!

ガチ議論のPVが完成!

  先日からご紹介している第36回分子生物学会年会の組織委員会企画の目玉である「ガチ議論企画」ですが、ついに公式PVが完成しました! (制作:カクタス・コミュニケーションズ) みなさん、是非チェックしてみてください。

ガチ議論×Science Talksコラボ企画:近藤滋氏(第36回日本分子生物学会年会長)インタビュー

ガチ議論×Science Talksコラボ企画として、「ガチ議論」の生みの親、近藤滋氏のインタビューしました。若手・ポスドクの就職問題、競争が­加速化する研究費獲得と、それに伴い増え続ける研究者の雑用など、今アカデミアが抱え­る様々な社会問題に鋭く切り込みんでいます。

ガチ議論×Science Talksコラボ企画:斉藤卓也氏(文科省タスクフォース戦略室長)インタビ­ュー

ガチ議論×Science Talksコラボ企画として、文科省タスクフォース戦略室長 斉藤卓也氏と「ガチ議論」モデレーターを勤める宮野­公樹氏(京都大学 学際融合教育研究推進センター 准教授)が対談を行いました