CATEGORY 河野太郎議員への公開討論記事

研究関係のデータの読み方について(河野太郎議員への公開討論記事・4)

close-up-of-pen-with-tablet-on-the-table_1098-3488

サイエンストークスでは、科学技術予算について研究コミュニティに疑問を投げかけている河野太郎議員への公開討論記事を募集中。掲載第4弾の投稿者は、鈴鹿医療科学大学長(元三重大学長)・豊田長康(とよだ・ながやす)氏。皆さまからのさらなる記事へのコメント、異論・反論、別の角度からの投稿をお待ちしています。

河野太郎議員に提案する、日本の研究環境を大幅に改善するたった2つの方法(河野太郎議員への公開討論記事・3)

Image of businessperson pointing at document in touchpad at meeting

なぜ、研究費の総額が増えている(よう)であるのに、多くの研究者は疲弊し研究実績の総量は減っていっているのか?この問題意識を河野議員を始めとする行政に関わる方々に持っていただくことが大切だと思います。そして、実はその答えは、(少なくとも研究者にとっては)既にかなり明らかなことであって、既に議論されつくしていることであるともいえます。その答えに基いて対策を考え、国の科学技術政策を動かしていただくことが大事だと思います。ここでは、この問題に対する答えと、2つの具体案を提案させていただきます。

職員数増加の妥当性はその背景を考慮して解釈すべき(河野太郎議員への公開討論記事・2)

Office lady being scared because of too much paperwork to do

河野太郎氏から、平成16年から平成28年にかけて国立大学の職員数が2万4千人近く増加しているとの指摘がなされた。私は、この数値を解釈するにあたって以下の三点の背景を考慮する必要があると考えている。それはすなわち、(1)法人化以前の国家公務員定数削減、(2)法人化以後の業務拡大、(3)常勤/非常勤・職種の内訳、である。

科学政策の議論は、データに基づいた科学的アプローチで行うべき(河野太郎議員への公開討論記事・1)

Image of businessperson pointing at document in touchpad at meeting

予算の綱引きに関する議論において最も改善が望まれる点は、1)データの取り扱いを適切に行うことと、2)データを用いて自説を強化するのではなく、データに基づいて議論するという姿勢である。