学問の世界 Academic World ―社会科学(1)―

2018年2月22日(木)京都大学にて開催された全分野結集型シンポジウム『学問の世界 The Academic World』。科研費分科全79分野のうち75分野の研究者が結集、お互いの研究について紹介し合い、各分科ごとに細分化された研究では「全体のほんの一部」しか見えなくなっているかもしれない「真理の探究」について語り合いました。

参加された方々のご発言、コメントを、分野別にご紹介します(1分科1~2名)。
※複数回答、無回答可。以下の質問に全て無回答の場合、回答のあった最後の質問までを掲載しています。

≫もくじページに戻る

社会科学(1)

4/75分科、5名

法学

1.所属
  • 研究所(国立)
論文 2.ページ数
  • 5ページ~(論文1本の定義にもよる)
3.著者数
  • 1人
4.年間本数(平均)
  • 商業誌込みなら3以上?
5.著者名掲載ルール
  • 基本は1人
  • 貢献度順、連絡先が最初
6.書籍と論文、評価されるのは
学会 7.おもな所属学会と所属人数
8.学会誌の発行頻度
  • 年1~2回
9.口頭発表時の発表時間と質問時間
  • 発表20分、質問10分
国際会議 10.意外?な開催場所
11.服装
12.国際会議での発表
  • 境界領域なので…法学的には国際会議? なにそれという感じ
13.一般的な研究費
  • 100万くらい?

14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

15.仲の良い分野は?

16.仲の悪い分野は?

17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

  • 過去の蓄積から未来に向けたルールを定めるもの

 
18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

  • 変化する社会においてアクセルとブレーキとなる

 
19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

  • 対話

 
20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

  • それまでの常識が覆されるもの
  • 判例・通説に対して新しい考え方が示され、しばしば次代の常識を作るのに寄与するので

 
21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

  • 新しい考え方を示す研究をして、フォロワーがついた研究者

 
22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

  • そもそも前提が間違っている論文
    •  
      23.ここが変だよ! 私の分野

      • 国際学会出ないのに比較法を重視

       
      24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

      25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

      26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

      • 予測可能性が高まる

       
      27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

      28.今日の感想を一言

      政治学

      1.所属
      • 大学(国立)
      論文 2.ページ数
      3.著者数
      • 1人
      4.年間本数(平均)
      • 1本か2本
      5.著者名掲載ルール
      6.書籍と論文、評価されるのは
      • 分野的には書籍
      学会 7.おもな所属学会と所属人数
      • 国際政治学会:3,000人くらい?
      8.学会誌の発行頻度
      • 年1回がメイン
      9.口頭発表時の発表時間と質問時間
      • 発表20分、質問10分
      国際会議 10.意外?な開催場所
      11.服装
      • スーツ。堅い
      12.国際会議での発表
      • 評価されると思う
      13.一般的な研究費
      • 科研費に応募しない人は30万くらい
      • 科研費に応募する人は100万くらい
      • 文系でも海外への渡航費がかかる

      14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

      15.仲の良い分野は?

      • 法学、史学
      • 史学とは兼業が多い

       
      16.仲の悪い分野は?

      17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

      • 政治学とは、良い世の中の作り方を探す学問

       
      18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

      • 政治学会も国際政治学会もモットーは掲げていない
      • もしかしたら「世界平和」かも

       
      19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

      20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

      • 単に「勉強した、頑張った」ではなく、新たなロジックを打ち立てた論文

       
      21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

      • 何度も読み返される論文を書く人

       
      22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

      • 「調べました、まとめました」の論文

       
      23.ここが変だよ! 私の分野

      • もうスーツはやめようよ

       
      24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

      • 「その論文、何の意味があるの?」
      • 25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

        • 「実際の政治に影響を与える」そんな訳がないのに

         
        26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

        • 虐殺のない世界
        • 富が公正に配分されること。でも公正って何?

         
        27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

        • 実存は本質に先立つ
        • 「世界」を記述できても、欲しいものはそこにない
        • 世界ではなく、そこに生きている人間を記述している

         
        28.今日の感想を一言

        • もっと時間を掛けて、言葉を選びながらやれば、本当にこのまま本になったでしょうね

         

        経済学

        1.所属
        • 大学(海外:フランス)
        論文 2.ページ数
        3.著者数
        4.年間本数(平均)
        5.著者名掲載ルール
        • 貢献度順、ボスが最後
        6.書籍と論文、評価されるのは
        • 論文
        学会 7.おもな所属学会と所属人数
        • 一般社団法人日本経済学会:正会員3,293人(学生会員約100含む)
        8.学会誌の発行頻度
        9.口頭発表時の発表時間と質問時間
        • フランスでは発表15分、質問30分
        国際会議 10.意外?な開催場所
        11.服装
        • カジュアル
        • 海外はスーツ少ないかも

         

        12.国際会議での発表
        • 評価する
        13.一般的な研究費
        • プロジェクトによるが300万~

         

        経営学

        1.所属
        • 大学(国立)/大学(国立)
        論文 2.ページ数
        • 10~15ページ
        • 14ページくらい
        3.著者数
        • 1.5人
        4.年間本数(平均)
        • 1~2本
        • 1~4本
        5.著者名掲載ルール
        • 貢献度順
        6.書籍と論文、評価されるのは
        • 論文
        学会 7.おもな所属学会と所属人数
        • 日本商業学会:1,100人
        8.学会誌の発行頻度
        • 年2~3回
        9.口頭発表時の発表時間と質問時間
        • 発表15分、質問5分
        • 発表20分、質問10分
        国際会議 10.意外?な開催場所
        11.服装
        • スーツ
        • ネクタイをしなかったら、偉い人に叱られた
        12.国際会議での発表
        13.一般的な研究費
        • 100~200万円

        14.他の分野の研究者には意味不明?! な専門用語は?

        15.仲の良い分野は?

        • 仲が良いと悪いはまあ同じかな、経済学、社会学、心理学

         
        16.仲の悪い分野は?

        • 確かに中分類間はあまり仲が良くないかも

        17.中学生に自分の分野を説明するならどう話す?

        • 会社や組織をどうやって運営するのかというお話
        • お金をもうけたことのない人がお金のもうけ方を語る

         
        18.あなたの分野の目指すところは? キャッチフレーズ、うたい文句など

        19.研究していて面白い! と思う瞬間は?

        • 事前の予測、仮説と異なる結果が出たとき
        • 企業等からデータ、ヒアリングができたとき
        • 会社等の関係者から、そうそう、そうなんですとレスポンスされるとき

         
        20.これはすごい! いい論文だ! と思うのはどんな論文?

        • 経営現象のユニークな問題、状況を説明・解決できる論文
        • 回収率の高いデータ収集ができていて、サンプルに問題が少ない論文
        • 企業等から詳細なデータ収集、ヒアリング等を行って分厚い事例の比較研究になっている論文

         
        21.この人はすごい! と思うのはどんな研究者?

        • 論文の人もいるし、本が広く売れる人もいるし、メディアに出る人もいる 昔は3通りだったけど 最近は3つともという感じが広がる

         
        22.これはクソ研究だわ…と思うのはどんな研究?

        • 文献を繋いでちょっとだけコメントする研究
        • とにかく共分散構造分析にしている論文

         
        23.ここが変だよ! 私の分野

        • マーケティング分野は女性が多い

         
        24.それを聞いたらおしまいよ…という禁句は何?

        • 「で、先生はどれだけ稼ぎましたか?」
        • 「調べなくてもまあそうだよね」

         
        25.分野内で暗黙的に前提になっていること、そこを疑うと分野が成り立たなくなることは?

        • 購買行動の前提としてのニーズの実在
        • 組織において経営が必要という前提

         
        26.より良い社会、より良い人生を分野の言葉で語るなら?

        • イノベーション
        • ミッションとビジョンの追求
        • 顧客満足、従業員満足、企業業績(投資家満足)、社会との調和
        • 「善」は学問としては難しいが、ビジネススクールでは最重要課題

         
        27.記号・言語・数式などで世界の本質は記述できる?

        • 本質があるというのも仮定
        • 記述ではなく行為
        • 記述できるかどうかは問題ではなく、記述したいんだ!

         
        28.今日の感想を一言

        • パッパとノリよく進むのが思考のリズムとして心地よかった
        • うちの分野これが変? をアピールできず悔しい。ユーモア成分が自分に不足

         

        The Academic World 結集全分野

        総合系:情報学環境学・総合領域(1) (2) (3)
        人文社会系:総合人文社会・人文学(1) (2)・社会科学(1) (2)
        理工系:総合理工数物系科学化学・工学(1) (2)
        生物系:総合生物生物学農学・医歯薬学(1) (2)